| HOME | 管理者ページ | RSS |

まめこぞうの歌

まめこぞうはいろんなこと感じてます。 仕事、食事、恋、友達、家族、平和、地球 そして自分について・・・・・・・。

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

まめこぞうの歌 (189)


まめこぞうの歌 --464ch--
 ・11-11  ※fc2のお絵かきツール
 ・11-11  ※何年かぶりに
 ・10-13  ※デザイン変更中
 ・01-30  ※冬眠
 ・12-22  ※肉が・・・
まめこぞうはいろんなこと感じてます。
仕事、食事、恋、友達、家族、平和、地球
そして自分について・・・・・・・。
みんなもそうでしょ?
はじめまして まめこぞうです。
--.--.--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007.01.26
今日はまめこぞうではないです。

今日は、まめこぞうじゃなくて、
読んで欲しいものがあります。


私も彼女の存在は知っていたのですが、
彼女のスピーチをきちんと読んだのが
これが初めてでした。


--------------------------------------------------------------
92年6月。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ。
環境と開発に関する国連会議(環境サミット)に集まった世界の指導者たちを前に、12歳の少女、セヴァン・スズキは語り始めました。



こんにちは、セヴァン・スズキです。
エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。
カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。
あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

今日の私の話には、ウラもオモテもありません。
なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。
自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。
太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。
呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。
父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。
数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。
そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

私の世代には、夢があります。
いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?
あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。
こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。
まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。
でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。
あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。
オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。
でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。
そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。
そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。
国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。

私は怒っています。

でも、自分を見失ってはいません。
私は恐い。
でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

私の国でのむだ使いはたいへんなものです。
買っては捨て、また買っては捨てています。
それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。

カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。

ひとりの子どもが私たちにこう言いました。

「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」


家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。
これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。
どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。
私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。
ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。

もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。
私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

争いをしないこと
話しあいで解決すること
他人を尊重すること
ちらかしたら自分でかたずけること
ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
分かちあうこと
そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。
あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。
しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。
おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。
あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。
しかし、私はいわせてもらいたい。
もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。


(原文:英文 翻訳:佐藤万理、辻信一)
スポンサーサイト
17:21 | まめこぞうの歌 | トラックバック(0) | コメント(10) |
天使と悪魔 やる気と良いわけ | まめこぞうの歌 | すてきな自分になろー
  01.28(18:00)
12,3歳の人がそのような活動をされていたのですね。すごい!その年頃、わたしは、スポーツに夢中になっていたような記憶があります。周りの方々があたたかく見守ってくださる中で、毎日楽しく過ごしていたように思います。環境問題とか、世界の問題とか考えていたかな。。。ずいぶん前のことになるので忘れてしまいました(^^;)。今も、自分のことでいっぱいいっぱいの状態で、わたしにできることといったら、規則正しい生活を心がけることとぐらいかなぁ。。
自分のことももちろん大切。それプラス、もっと周りをよく見て、わたしを支えてくださっている方々に感謝して、プラスの波長で考えて行動していきたいなと思います。
わたしは、ストレスに弱いから、すぐに「もしかして…」と不安を感じてしまうんだよねェm(--;)m。これからは、あんまり周りの人に心配かけないようにしていきたいです。

なんか、話がかなりそれてしまったかも。。。m(>_<)m。
URL | よこし | #- | [編集・削除] |
  01.28(18:09)
素敵なスピーチをありがとう☆
なんて利発な子供達なのでしょう。
深刻な内容なのですが、少し嬉しくも感じました。^^
これからも、一人の大人として、子供達に恥じないよう、考え行動していかなければと、再確認できました。
URL | wind | #K47MgfVQ | [編集・削除] |
 なんども 01.29(01:29)
コメント書こうと、自分なりの考えをまとめようとしたけど、結局この子に対する意見(言い訳も)ってうまくまとまらなかった。
でもこの意見は真正面から受け止めようと思う。
URL | nobol | #qbIq4rIg | [編集・削除] |
  01.30(03:02)
このスピーチはWordに貼り付けて、じっくり読ませてもらいます。
かおりんさん、ふえぇ~~~ん
インディ君が・・・ふえぇ~~~ん
肝臓癌と診断されましたあ・・・・
ひぃ~~~~ぐしゅーん・・・・
すみません・・・・
泣き崩れてます・・・・
何の試練なんだろう・・・・・・・??
受験で大変な時期だから、インディ君の側にくっついていられない・・
ふえぇ~~ん
URL | そら | #mQop/nM. | [編集・削除] |
  01.30(12:55)
あちこちで目にしますが
本当はおとながやらなきゃいけないことだなあと
思います
子供から見て今のおとながふがいないってことなのですね
恥ずかしいと思わなくては。。。
URL | たれ | #- | [編集・削除] |
  01.31(19:56)
よこし
私は、たしか小学生のころにドラエもんの環境の漫画を読んで衝撃を受けた覚えがあります。
でも、実際に行動に移すって言うのは
とても偉いことですよね。
まずは、自分がしっかりすることがスタートだと思いますよ!
心に余裕がないと、周りに目を向けることも出来ないですからね。
自分がきちんと生活するなかで、ちょっとした心遣い(電気をこまめに消す)とかでも十分だと思います。





wind
本当になんて利発的なんだろうと思いました。
自分がどう行動を起こしたらいいのか分からない人がほとんどの中、こうやって体で動くことってすごいと思います。
きっと、この子の両親や先生や周りの人も同じようになにか行動を起こしてるんでしょうね。
この文章は大人だけでなく、子供にも読んでもらいたいと思います。




nobol
わかります。
私も自分の意見がまとまりませんでした。
都市化が進むことを望む人たちもいれば、
環境を見なそうとする人たちもいる。
ふたつの意見がきれいに同じベクトルならいいのになぁ




そら
そらさんの教室の子供たちにも是非読んでもらいたいと思います。
そして、インディ君大丈夫ですか?!?!
まめの実家のわんこも相当年寄りで
年が明けてからさらにおじいちゃんになりました。
ペットて家族だもんね
心配だね
そばについていたいよね。
なるべくそばに居てあげてね
私も、実家に帰ろうか本気で考えたりします。




たれ
うーん。
昔は大人のせいだぁ
なーんて思ってたけど、
いつの間にか自分も大人なんですよね
人のせいにするのはもうやめなくては・・・。
たれさんのHPを見ました。
今までブログを直接みていたもので・・。
たれさん美人ですね きっと
いや 絶対!

URL | かおりん | #- | [編集・削除] |
はじめまして。
このスピーチをたくさんの人に知って欲しいですね。
昨日「不都合な真実」という映画を観てきました。
一人一人が行動しないと変わらないんだなと感じてます。
私のブログに転載させていただきます。
URL | 松子 | #- | [編集・削除] |
  02.08(13:12)
松子さん
はじめまして

「このスピーチ転載してもいいです。」
とは、私から言えないので
お任せします。

私も、誰の許可をもらったわけではないので・・・。
違法?????????
1人でも多くの人に知ってもらいたいと思う気持ちもありますが、
ネットだと色々と面倒かもしれないので、自分自身で判断お願いします。
すいません。


「不都合な真実」どうでしたか?
今からでも遅くないと思います。
ちょっとのことから私も始めてみます。
URL | かおりん | #- | [編集・削除] |
 了解しました。 02.08(19:51)
ご訪問ありがとうございます。
転載の件は了解しました。

「不都合な真実」はかなりオススメです。
もちろん、「真実」を直視するのは怖いし、
楽しいことではないけれど、
必要だと思います。

この映画はたくさんの人に観て欲しいと
思ってます。
URL | 松子 | #- | [編集・削除] |
  02.13(13:03)
松子さん

最近、テレビでも雑誌でも環境についてめちゃめちゃ取り上げられてますよね・・・。
みんな「大変だー」と言ってるけど
言うのは簡単で実行に移すとなると
なかなか出来ないもんですよね。

今度、映画みてきますね
URL | かおりん | #- | [編集・削除] |






 管理者にのみコメントを見せる

トラックバック URL
http://mame464ch.blog66.fc2.com/tb.php/118-d92c3966
まめこぞうの歌



まめこぞうの歌 --464ch--
当ブログで紹介した「まめこぞうの歌」を手作りの本を作りました。
詳しくはこちら


かおりん
相変わらず月島に生息中。
かれこれ10年…。
はや!

まめこぞうの歌
このブログをリンクに追加する


歯ブログ

---ランキング---
bloog.jp
FC2 Blog Ranking
ブログサーチブログ
Blog Search & Ranking B.E
ブログランキングranQ

---デザインのリンク集--- SHINKA.NET

---詩のリンク集--- 極詩

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
 Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。